2021年02月27日(土曜日)

鹿児島県知覧特攻平和会館から千羽鶴が届きました。

画像

届いた千羽鶴

提携先の知覧特攻平和会館から千羽鶴がダンボールで2箱届きました。早速皆で解体仕分けを進めて行きます。

画像

知覧特攻平和会館へ千羽鶴を届けられた皆さん、私たちが預かり千羽鶴再生グッズにして知覧特攻平和会館にお返ししています。

Posted by 事務局 at 14時09分 パーマリンクトピックス

2020年09月18日(金曜日)

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届きました。

画像

届いた千羽鶴・・さあ皆で仕分けよう・・

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。
平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。
 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。
 このプロジェクトは毎年三鷹市の仙川公園に咲く「アンネのバラ」をモチーフにしたA7サイズのノートを平和市民活動の記念品として採用頂いた年から始まり、以来毎年引き継がれています。
 勿論A7オリジナルノートは、全て障がいの有る職人達が心を込めて制作を担当しています。

画像

届いた千羽鶴は私たちが、しっかり仕分けて千羽鶴再生紙の原料にします。


Posted by 事務局 at 11時13分 パーマリンクトピックス

2020年08月15日(土曜日)

鹿児県南九州市:知覧特攻平和会館から、この夏も千羽鶴が届きました。

画像

知覧から届いた千羽鶴

鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館とは、今年の2月沖縄、長崎、太刀洗に続き四つ目の平和記念会館として、千羽鶴を再生する提携をしました。8 月6日原爆の日に届いた千羽鶴は、ひろしま。沖縄・長崎・太刀洗の千羽鶴と一緒にプロジェクトチームで預かり、解体仕分けを行い、千羽鶴再生紙に生まれ変わります。
 知覧特攻平和会館では、プロジェクトチームの作る千羽鶴再生和紙グッズの数々をオリジナルで製作して販売しています。
 それぞれの平和資料館もコロナの影響で、入館者が減っているものの全て7月からは開館して、皆さんをお迎えする準備が整っているようです。

Posted by 事務局 at 12時18分 パーマリンクトピックス

2022-2023 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2021-5

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2022/10/18 Tue

倉敷市立南中学校-平和学習

 倉敷南中学から広島平和学習でクラス単位34名が「平和体験学習」に参加。時間の関係で少しタイトになりましたが、午前中の学習になりました。

これまでの活動報告

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ