活動報告 - 2021-2022

02/26

藤沢市長後中学生10名参加の「平和体験学習」を実施

2022/02/26 Sat

画像

3コマ目に体験中の千羽鶴解体体験の様子。

 会場は平和公園から徒歩2分の福祉事業所「すまいる☆スタジオ」。am10:00〜約2時間のコース。参加したのは神奈川県藤沢市の長後中学校修学旅行の生徒10名。広島には平和学習を兼ねて楽しい思い出創りに。
 コロナ禍で平和学習もマスクを付けての参加となったが、笑顔や表情が見えにくいのが少し残念だ。

画像

世界中の同世代の生き方を考える時間でした。

 平和とは、自ら考える事・・講師はプロジェクトの代表を務める重松まゆみ。中学生として考える習慣やその方法を学んだ。中には「エッ」教えてくれるのじゃないの!・・いやいや中学生はもう大人、自分で考える力・習慣を身につけてあらゆる情報の中から正しい答えを導き出して自分なりの平和を学ぶ時間でした。

画像

画像や動画で工房の様子を知る時間でした。

 このプロジェクトが始まった経過や、プロジェクトの基本理念を活動の中から学び特に「障がい者支援」のスポットを当て、障がいの有る職人達を育てる社会実験の様子を学び見る時間でした。

画像

一寸手作りのエンピツに本気になった時間でした。

 最後に千羽鶴再生和紙に触れる「えんびつ作り」の体験をしました。初めて触れる千羽鶴再生和紙は以外にソフトな感じ。将視される11種類の中で一番薄い折り紙や灯ろうの再生和紙は扱いやすいので“くるくる”っと巻きながら作ります。福井県の越前和紙工場から届いた貴重な再生紙なのです。

画像

楽しい旅を続けて下さい。

2月26日は土曜日で、障がいの有る職人達には逢えなかったのですが、職人達が心を込めて作った校章入のメモ帳を受け取り、笑顔の記念写真になりました。

Posted by 事務局 at 00時00分2021-2022

2022-2023 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2022-12

>>

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2022/10/22 Sat

広島市令和4年度の米寿記念カタログに、千羽鶴再

令和4年の今年、広島市松井市長から88才の長寿をお祝いする記念品がカタログになって届けられました。その中の一つに千羽鶴未来プロジェクトが多くの和紙・扇子づくり職人の方々に助けられて製作した自慢の「扇子」もカタログに掲載され広島県内の魅力ある品々の一つに選ばれました。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ