活動報告 - 2013年度〜2014年度

12/18

社会福祉法人はぐくみの里と、青崎小学校に出前学習講座を実施しました。

2013/12/18 Wed

画像

千羽鶴を解体・仕分けを障がい者がリーダーとなって行います

広島市立青崎小学校の4年生2クラス64名の生徒は、はぐくみの里が準備した千羽鶴平和学習を体験しました。このプログラムはNPO千羽鶴未来プロジェクトが社会実験の一つとして行う平和体験学習です。
目的は、平和、環境、国際、地域(障がい者理解)の4つをキーワードとしたNPO千羽鶴未来プロジェクトが開発したオリジナルプログラムです。
このプログラムを、障がい者(利用者)の通う27の作業所が少しずつ取り入れることで、地域を活性化させようとしています。

画像

平和学習:千羽鶴が再生紙に、そしてノートやボールペンに、それを途上国に

プログラムの具体的な内容は
1.千羽鶴が広島に集まる訳を知ろう
2.年間10屯になる千羽鶴の再生方法を考えよう
3.再生したノートやボールペンを途上国に贈ろう
4.障がいの有る人達と、一緒に作業をして障がいを理解しよう

画像

スタッフから、解体・仕分け方法の説明を受けます

千羽鶴を解体仕分けをします
千羽鶴はこのままでは、再生できません。糸やテグス、金属・プラスチックの輪、金銀の折り鶴などは、A類(ゴミ)。千代紙、チラシ、色の濃い折り鶴は、B類(一般再生資源)。色の薄い淡い折り鶴は、C 類(千羽鶴再生紙)に仕分けをします。
簡単そうですが、これがなかなかやっかいな作業。
利用者が掲げているのが、仕分けサンプル、折り鶴の色分けボード。このサンプルを参考に仕分けます。

本日の平和学習体験プログラムは、生徒が小学校4年生で丁度10才になったのを記念に、1/2成人式を行うことになった。その記念のアルバムを千羽鶴の再生紙で作りたいとなると、再生紙がどうやって出来ているのかを知りたい、勉強したいので自分たちで、千羽鶴を解体するところから体験がはじまりました。

10分の休憩を挟んで、手作りえんぴつを千羽鶴再生紙でつくりました。
終わった感想は、手作りえんぴつは、楽しかった。千羽鶴がノートになることを初めて知った。と、感想を聞かせてくれました。
平和学習体験をご希望があれば、お気軽にお問い合わせください。

Posted by 事務局 at 10時30分2013年度〜2014年度

2021-2022 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2021-10

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2021/06/08 Tue

アンジュビオレ「あっちゃん御朱印帳」制作協力し

広島の女子サッカーチームアンジュビオレには、家業が神社という選手が在籍。それででは神社に関した御朱印帳をつくろうと、「あっちゃん御朱印帳」制作協力しました。千羽鶴再生紙を使ったオリジナルな御朱印帳は、受注生産することが可能。試合会場で受付をしています。サイン貰えたらいいね・・・・

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ