活動報告 - 2012年度〜2013年度

02/04

再生紙で「えんぴつ」を作ってみました。

2013/02/04 Mon

画像

千羽鶴再生紙で「えんびつ」を作ってみました。

先日、某大学の学長から千羽鶴再生紙の名刺発注を頂いたとき「ボールペンでなく、えんぴつが良い。えんぴつなら色々使えるから」と言われ、それならと作ってみました。作ってみると意外とソフトで持ちやすく良い感じです。でも問題はどうやって削るかでした。LOFT、ハンズ、紀伊國屋文具、オフィス24と廻って、店員さんにカタログを見せて頂き、手回しのえんぴつ削り4点を買ってすぐに試してみました。普通のえんぴつは木製なので、よく乾いているのと木の性質上綺麗に削れますが、再生紙のえんぴつは、紙の層で出来て柔らかいので、電動えんぴつ削りでは削れません。写真のえんぴつ削りが程良く削ってくれることがわかり安心しました。カッターナイフでは簡単に削れますが、お子様には勧められません。
来客の方々にお見せすると、思わず触って「これ、自分で作れるんですか?」何人かの方に実際に作って頂いたところ、みなさんに大好評で、初めての体験と大変喜んで頂き、みなさんお持ち帰りになりました。私自身も驚いています。今日からマイえんぴつだ。

Posted by 事務局 at 18時24分2012年度〜2013年度

2022-2023 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2022-12

>>

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2022/10/22 Sat

広島市令和4年度の米寿記念カタログに、千羽鶴再

令和4年の今年、広島市松井市長から88才の長寿をお祝いする記念品がカタログになって届けられました。その中の一つに千羽鶴未来プロジェクトが多くの和紙・扇子づくり職人の方々に助けられて製作した自慢の「扇子」もカタログに掲載され広島県内の魅力ある品々の一つに選ばれました。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ