2012年07月13日(金曜日)

松井広島市長と千羽鶴ファクトリー構想について会談

画像

松井広島市長と会談する吉清事務局長 左は広島市立大学若山裕昭教授

今年2月に広島市長と1回目の会談をしました。このときはNPOの活動についてお話しを申し上げ、我々のビジョンが地域の活性化に千羽鶴を有効利用するための社会実験をしたいと伝えました。
今回はその社会実験の準備が整ったことを伝え、行政としても本腰を入れて協力支援して欲しいとお願いをしました。
同席して頂いたのは広島市立大学事務局長と、DOUCHU LAMPの制作に最初から係わって頂いた若山裕昭教授です。正式に市立大学の大学ブランドとしてノミネートされたDOCHU LAMPを市立大学から松井市長にプレゼントされ、市長からも「積極的にPRせにゃいけん」と応援していただくことになり、銅蟲の出来映えと千羽鶴再生紙の組合せに納得のようす。これに使用した千羽鶴再生和紙は、昨年8月に広島JCが主催した広島市民芸術祭のもの。
広島市からは市民局平和推進部谷川部長、石田課長にはお忙しい中同席を頂きました。
同時に千羽鶴の再生紙で作ったパッケージに「きつつき作業所」が焼いたクッキーの入った[ HIROSHIMA COOKIE ]もお土産に。「なかなか良いじゃないですか・・」と、思わず笑顔の松井市長。クッキーを食べた後はパッケージが、ポケットテッシュケースになることにも関心をして受け取って頂きました。
特に、作業所ファクトリー構想について納得して頂き、作業所の新しいビジネスになることに共感頂き、社会実験を通じて行政支援がどこまで進むかが今後の課題ではあるが、障がい者を取り巻く環境と、そこで働く方々の支援になれば我々の意図するところである。
 我々は、今後千羽鶴を使った地域の活性化に向けて本格的に活動し、報告をして行きたいと考えています。

画像

HIROSHIMA COOKIE

市長にプレゼントされたHIROSHIMA COOKIE は、千羽鶴再生紙で作られたパッケージに作業所が心を込めて焼いたクッキーが入っている。販売間近の作業所一押しのクッキーだ。「提供はきつつき作業所
このパッケージ実は、クッキーを食べた後、蓋の切り込みを明けるとポケットティッシュのケースになるんです。

Posted by 事務局 at 16時25分トピックス

2021-2022 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2021-10

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2021/07/12 Mon

中学修学旅行生への平和資料館入館記念品を納品し

コロナ禍で5月から閉館していた平和資料館は、7月12日から再開しました。広島市も先週の豪雨で災害警報が出され活動を自粛していましたが、記念品20,000Setを納品することが出来ました。修学旅行シーズンに合わせて、プロジェクトチームは記念品の製作に多くの福祉砂作業所が係わっています。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2021/06/08 Tue

アンジュビオレ「あっちゃん御朱印帳」制作協力し

広島の女子サッカーチームアンジュビオレには、家業が神社という選手が在籍。それででは神社に関した御朱印帳をつくろうと、「あっちゃん御朱印帳」制作協力しました。千羽鶴再生紙を使ったオリジナルな御朱印帳は、受注生産することが可能。試合会場で受付をしています。サイン貰えたらいいね・・・・

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ