活動報告 - 2011年度〜2012年度

05/09

ミュージアムグッズ開発プロジェクトに
NPO千羽鶴未来プロジェクトが協力

2012/05/09 Wed

画像

作品の説明をするきつつき作業所の丸本さんと、説明を受ける現代美術館鈴木さん

広島現代美術館の特別展へ出品するためのミュージアムグッズ開発プロジェクトが始まった。出品するのは広島市就労支援センターが統括する広島市内の障がい者施設・作業所の作品。今回は8つの作業所から約40点の作品が集められ、各担当者から作品の説明を受けながらその場で約20点が採用された。
採用された作品は5月26日〜7月16日迄開催される現代美術館特別展「プルーニ&ゼマーンコヴァーチェコ、アール・ブリュットの巨匠」開催中の期間、ミュージアムショップの特設ブースで販売される予定。
採用された作品は、商品として完成度を上げるためパッケージにも一工夫される予定。

画像

就労支援センター山岡所長の進行によるプロジェクト会議

作品選考の後、共同で使うクッキーのパッケージ構想等を話し合い、商品作りに向けてプロジェクトがスタートした。このプロジェクトには続きが有り、期間中最も売れた商品からベスト10をミュージアムショップに推薦する予定。出展者も本気モードになってきたようだ。NPO千羽鶴未来プロジェクトは千羽鶴再生紙を使ったパッケージなどで応援しています。

Posted by 事務局 at 14時00分2011年度〜2012年度

2022-2023 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2023-2

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2022/10/22 Sat

広島市令和4年度の米寿記念カタログに、千羽鶴再

令和4年の今年、広島市松井市長から88才の長寿をお祝いする記念品がカタログになって届けられました。その中の一つに千羽鶴未来プロジェクトが多くの和紙・扇子づくり職人の方々に助けられて製作した自慢の「扇子」もカタログに掲載され広島県内の魅力ある品々の一つに選ばれました。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ