2004年2月の記事一覧

2004年2月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

アフガニスタンより
JICAアフガニスタン事務所の松島さんからメールが届きました。

2004年02月24日(火曜日)

千羽鶴未来プロジェクト事務局の中本さんへご無沙汰しています。わざわざ貴重なものを送って頂き、有難うございました。いつも心のこもった、温かい仕事をしていますね。さすがですね。さて、メールの返事が遅れました。すみません。1月20日に赴任、30日から2月9日まで東京へトンボ帰り。再赴任後も毎日毎日千客万来つづき >>

活動報告 - 2003年度】 Posted by 事務局 at 18時41分

いよいよ旅立つ再生ノート

2004年02月19日(木曜日)

JICA本部に届けられた千羽鶴再生ノートがいよいよ旅立つ時が来ました。高校生の提案であるアフガニスタンの学校に再生ノートを送るプロジェクトは、現在下記の通り進行中である。とにかく1冊のノートをアフガニスタンの学校に届ける為のプロジェクトには、多くの方々が個人レベルで応援して頂いて始まったばかりだ。つづき >>

活動報告 - 2003年度】 Posted by 事務局 at 18時32分

広島大学牟田学長表敬訪問レポート

2004年02月19日(木曜日)

2月19日木曜日、代表理事とスタッフが広島大牟田学長を訪問。今までの活動報告を行い学識経験者として我々のプロジェクトとその活動について意見を聞くことができた。牟田学長はこのプロジェクトについて深い理解をしめされ「平和を希求する精神、新たなる知の創造、豊かな人間性を培う教育、地域社会・国際社会との共存つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 11時13分

広島テレビの取材現場から

2004年02月05日(木曜日)

2004年2月5日午後、広島テレビから取材を受けた。キッカケは中国新聞に千羽鶴を再生したノートが完成した記事からだ。取材は約2時間に及び、イングリングまゆみ理事長は今まで誰もやらなかった千羽鶴の再生プロジェクトの意味を熱く語った。11日には他局から、このプロジェクトに参加している高校生への取材の申込つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 11時10分

ついに千羽鶴再生ノートが完成しました。

2004年02月04日(水曜日)

平和への願いと共に折られた鶴が再生しノートとなって羽ばたきはじめました。再生までの過程で起きた多くの障害は、このプロジェクトに参加してくれた高校生や各企業の協力でクリアされました。ノートが完成したことで千羽鶴未来プロジェクトは、また新たな活動を始めます。つづき >>

活動報告 - 2003年度】 Posted by 事務局 at 18時26分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2004年2月の一覧

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-11

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2020/08/22 Sat

安佐動物公園のオリジナルメモ帳を千羽鶴再生紙で

安佐動物公園は5月18日から開園を再開。広々とした園内は、大人でも癒やされる空間です。ここでは天然記念物のオオサンショウウオを初めとして多くの動物達が自然に近い環境で飼育されています。 プロジェクトは2019年10月にM8サイズのメモ帳に飼育掛かりの方が撮った動物の写真を預かり26種類の動物達を表紙

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2020/09/18 Fri

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届き

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。 このプロジェクト

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ