2011年4月の記事一覧

2011年4月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

松井広島市長RCC Eタウンへ生出演

2011年04月25日(月曜日)

松井市長は、RCCのEタウンプロジェクトに生出演して、千羽鶴の最終処分方法で、コメンテーターからの質問に再生への選択肢が十分考えられると語った。選挙期間中、松井市長は再生ボールペンを胸に自らも再生へのPRを続けたという。広島の未来は明るくなった。我々は過去の経験を元に、単なる再生活動だけでなく、明るつづき >>

ニュース】 Posted by 事務局 at 10時17分

千羽鶴は再生も選択肢に・・中国新聞

2011年04月15日(金曜日)

松井一実広島新市長は、千羽鶴の最終処分方法の中に再生紙を考慮すると再生紙で作った紙管のボールペンを手に大きく方向転換すると語った。やっと我々の活動に共鳴する考えを持つ市長が誕生したことは、頼もしい限り。このボールペンがどのようなものかは、平和公園内にあるshop  2箇所で見るこつづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 18時19分

松井一美広島新市長、折り鶴保存施設白紙に

2011年04月15日(金曜日)

日本経済新聞の記事から、やっと千羽鶴保存から開放された。何らかの方法で再生すると明言。いいニュースではないですか。スタッフ一同、ホッとしています。広島の経済発展に市民として協力しましょう。つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 12時30分

信州大学教育学部附属長野中学校の平和学習をNPO千羽鶴未来プロジェクトが担当。

2011年04月07日(木曜日)

信州大学教育学部附属長野中学校の修学旅行は広島、京都を廻る二泊三日の日程で6日午後広島に到着。平和公園内を平和学習拠点として情報を収集し、翌日の午前中平和学習をした。生徒はテーマ毎12グループに分かれて学習をした。我々のチームは「千羽鶴」をテーマに約50分の学習後、平和公園に移動し自分たちが考えた平つづき >>

活動報告 - 2010年度】 Posted by 事務局 at 09時00分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2011年4月の一覧

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-9

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2018/07/18 Wed

御朱印帳プロジェクトがスタートしました。

障がいの有る職人達の仕事として、御朱印帳作りはプロジェクトの重要課題の一つでした。本文の組立方や、再生和紙の厚さ、使用する糊、特に問題だった表紙。全てが整った御朱印帳プロジェクトは半年先の安定出荷を目標にスタートしました。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ