千羽鶴未来プロジェクト 総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスを
登録日順に表示する総合ページです。

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合

2017年05月25日(木曜日)

高山市立荘川中学校の修学旅行生3名が平和体験学習に参加

画像

重松先生からグローバルな平和感を自分の力で考えることを学びました

5月24日(木)9:30〜11:30
中学3年の修学旅行をより有意義にするため、生徒自ら平和体験学習の出来る場所を探し、アプローチする中で、千羽鶴未来プロジェクトの平和体験学習を選び、約2時間のプログラムに出会うことになった。

画像

すま☆スタの仲間と千羽鶴の解体を体験する荘川中学校の生徒

平和学習として、最も大切な千羽鶴について学んだ事を確認しながら、すま☆スタの仲間と一緒に解体仕分けを体験します。この千羽鶴が持つ意味を自分なりに考え、千羽鶴の再生プロジェクトに参加することで、多くのことを学ぶ機会になります。

画像

手作りえんぴつを体験し、お土産に・・

プロジェクトでは、千羽鶴再生紙で作る「手作りえんぴつキット」を販売してます。このキットを使った、世界で一本だけの自分で作るえんぴつ体験もプログラムのひとつ。すま☆スタの仲間に優しく指導を受けて、完璧な一本のえんぴつが完成しています。

画像

すま☆スタのメンバーが優しくアドバイス

画像

丁寧に仕上がってます


画像

高山市立荘川中学校修学旅行生と、すま☆スタメンバー

約2時間のプログラムも、あっという間に終了、みんなで最後に記念写真をとりました。

画像

荘川中学校のある町に伝わる祭りが描かれた団扇を頂きました


画像

ノート作りに没頭する広瀬君

午前中修学旅行生の平和体験学習が終わると、午後からノート作りの職人に戻ります。彼らは修学旅行生とのふれあいをなにより楽しみにして、一緒に千羽鶴の解体をするのが大好きです。それは、その瞬間自分たちがリーダーになれる事を知っているからです。
 荘川中学校の皆さん、来年もお待ちしています。

Posted by 事務局 at 14時39分 パーマリンク | 活動報告 > 2016〜2017年度

2017年05月13日(土曜日)

44mmマグネットをcaseに入れて新発売

画像

ケースも、マグネットも千羽鶴再生紙を使用した新しい記念品です。

千羽鶴再生紙に原爆ドーム・平和の子の像・慰霊碑をモチーフにデザインした32mmカンバッジ・マグネット・ストラップ・ピンズバッジは販売当初から人気の的でしたが、4月から新たに原爆ドームをモチーフにした44mmマグネットをケースに入れて販売を開始しました。このケースも千羽鶴再生紙で作られており、広島発のオリジナルな記念品として人気です。
[税込350円]

Posted by 事務局 at 15時11分 パーマリンク | トピックス

アンジュビオレ38mmカンバッジは、千羽鶴再生紙の応援バッジです。

画像

38mmアンジュビオレイレブンの缶バッチです。競技会場で入手できます。

アンジュビオレの応援グッズを提供している当プロジェクトは、イレブンの38mmカンバッジを制作しています。スポーツで広島を元気にしてくれるアンジュビオレのお手伝いが出来ればと、プロジェクトはサポーターとして応援しています。

Posted by 事務局 at 15時04分 パーマリンク | トピックス

2017年04月21日(金曜日)

長野市立東部中学校から初めての平和体験学習

画像

長野市立東部中学校から参加した修学旅行生22名

長野市立東部中学校の修学旅行から22名の生徒が当プロジェクトの平和学習を体験しました。
日程の都合で、Ⅰ時間30分のプログラムでしたが、講師の話にしっかり耳を傾け、世界の紛争地で起きている同年代の若者の現実をキーワードに、自分の考える平和をイメージしました。

画像

アウシュビッツの壁に残されたメモについて・・

人の命の価値、戦争で亡くなった方々のこと、同年代の兵士のこと、日本や、世界の現実を知って、考える力を養っていくことが大事と学びました。

画像

つい、時間をわすれてしまいそう・・

平和記念公園を訪れる多くの人が捧げた千羽鶴を、自分たちの手で解体仕分けを体験し、年間10トンにもなる千羽鶴が集まる理由を考える機会となった。そして、再生された千羽鶴再生紙で利用者自らが作ったノートをプレゼントされ、そのノートの品質の高さに驚きました。

画像

器用な人も、そうでない人も・・・

手作りえんぴつでは、それぞれ世界に一本だけのオリジナルえんぴつをお土産に記念写真の後、次の目的地ヤマトミュージアムへ出発した。ここのミュージアムショップにも、ここの工房で作る多くのミュージアムグッズを見つけて、喜んでくれると嬉しい。

Posted by 事務局 at 12時40分 パーマリンク | 活動報告 > 2016〜2017年度

2017-2018 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2017-5

>>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2011/07/21 Thu

永久保存から開放された千羽鶴を再生するため8月...

千羽鶴未来プロジェクトでは、広島青年会議所と協力して広島の平和公園に集まり、永久保存として保管されていた千羽鶴を再び羽ばたかせようと、再生事業のワンステップとして、解体作業を行います。開催された折り鶴は青年会議所の提案で「折り鶴モザイクアート」に生まれ変わ平和公園で8月27日に公開されます。残った折...

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2017/05/25 Thu

高山市立荘川中学校の修学旅行生3名が平和体験学...

5月24日(木)9:30〜11:30中学3年の修学旅行をより有意義にするため、生徒自ら平和体験学習の出来る場所を探し、アプローチする中で、千羽鶴未来プロジェクトの平和体験学習を選び、約2時間のプログラムに出会うことになった。...

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2017/05/13 Sat

44mmマグネットをcaseに入れて新発売...

千羽鶴再生紙に原爆ドーム・平和の子の像・慰霊碑をモチーフにデザインした32mmカンバッジ・マグネット・ストラップ・ピンズバッジは販売当初から人気の的でしたが、4月から新たに原爆ドームをモチーフにした44mmマグネットをケースに入れて販売を開始しました。このケースも千羽鶴再生紙で作られており、広島発の...

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ