2011年2月の記事一覧

2011年2月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

林 正夫広島県議会議長を表敬訪問

2011年02月24日(木曜日)

2月24日NPO千羽鶴未来プロジェクト代表理事 重松まゆみ(イングリングまゆみ)は、広島県議会議長室に林正夫議長を訪ねた。4月の統一地方選挙を控え、広島市も現職市長が退任を表明し、市長・県議・市議のトリプル選挙となるが、広島市長の選挙結果では千羽鶴の処分方法が大きく変わる。現市長の路線を引つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 13時00分

沖縄平和祈念館ミュージアムショップで、千羽鶴再生グッズの販売

2011年02月18日(金曜日)

千羽鶴再生沖縄プロジェクトが始まって4年めになります。沖縄の千羽鶴が再生グッズになり沖縄平和祈念館で販売されています。A6ノート、しおり、ボールペンの3点セット500円沖縄の平和祈念館を訪れる機会には、是非ミュージアムショップへお立ち寄り下さい。つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 16時56分

会費のお支払いがPayPal[クレジットCARD]で簡単に・・

2011年02月18日(金曜日)

会費のお支払いがCARDで簡単にできるようになりました。会員登録は簡単にできますが、会費の支払い方法をその場でできないかと、多くの方からの要望にお応えし、2月からCARD支払いができるようになりました。今までどおり郵貯へのお振り込みも出来ますので、都合に合わせてご利用ください。これまで以上にご支援頂つづき >>

ニュース】 Posted by 事務局 at 16時36分

千羽鶴再生のプロジェクト・フローチャート

2011年02月10日(木曜日)

我々の活動を説明するのは結構大変。10年間の活動内容を一まとめにする必要性から全体が判るフローチャートを作ってみました。活動方針を読んで頂き、興味を持って頂いたらフローチャートシートを見て頂き、このプロジェクトに是非ご参加下さい。参加方法は簡単です。会員登録をして頂くだけ。4月の統一選挙で新広島市長つづき >>

活動報告 - 2010年度】 Posted by 事務局 at 10時13分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2011年2月の一覧

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2019-3

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2019/03/11 Mon

平和の御朱印帳販売を開始しました。

商品開発に約2年を費やしたプロジェクト最もお薦めグッズの一つです。本文は職人達の努力で納得の行く朱印帳になりますが、千羽鶴再生和紙に相応しい表紙が和歌山県海南市の蒔絵工房のご協力で完成し販売を開始することが出来ます。 千羽鶴再生和紙を使った御朱印帳は、全て職人達の手造りのため予約販売とさせて頂いてい

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/02/22 Fri

大刀洗平和祈念館から、千羽鶴が届きました。

2019.2.19㈫福岡県 朝倉郡にある筑前町立大刀洗平和記念館からワゴン車一杯に詰まれた千羽鶴との職員3名の訪問を受けました。長崎平和祈念館で我々千羽鶴プロジェクトのことを知り、工房で働く障がいの有る職人達への表敬訪問が目的の一つで、すまいる☆スタジオのスタッフからグッズ製作現場の説明を

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ