2013年2月の記事一覧

2013年2月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

広島特別支援学校へ講師派遣-2

2013年02月18日(月曜日)

2月18日月曜日、午前の授業は前回と同じ生徒さん。3年生は卒業するので今日が最後の授業だ。授業の進行はこちらの提案で、全員が全ての工程を体験すること。そうすることで、クッキー作りの面白さが判ると思った。前回はグループ毎に作業を分けてしまい、クッキー作りの面白さが伝わらなかった。その反省を踏まえて全員つづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 10時00分

千羽鶴ファクトリー構想で220人が解体を体験

2013年02月14日(木曜日)

千羽鶴ファクトリー構想が始まって10ヶ月が経った2月14日木曜日。広島市立広島特別支援学校体育館で、生徒60名と教職員、広島市内の作業所から利用者と指導者50名、製紙原料直納組合、広島青年会議所、広島女学院大学、広島都市学園大学、大手企業、地元中小企業、県議・市議会議員、個人の参加を得て総勢220人つづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 13時00分

再生紙で「えんぴつ」を作ってみました。

2013年02月04日(月曜日)

先日、某大学の学長から千羽鶴再生紙の名刺発注を頂いたとき「ボールペンでなく、えんぴつが良い。えんぴつなら色々使えるから」と言われ、それならと作ってみました。作ってみると意外とソフトで持ちやすく良い感じです。でも問題はどうやって削るかでした。LOFT、ハンズ、紀伊國屋文具、オフィス24と廻って、店員さつづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 18時24分

第4回クッキー教室開催

2013年02月04日(月曜日)

今回で4回目となるクッキー教室が参加者9名で開催されました。連続4回出席した参加者からは「楽しいです」と元気な返事が返ってきた。クッキーの生地をそのまま焼けば美味しいクッキーに、少し手を加えればタルト生地に。材料は同じでも分量と工程を少し変えるとパウンドケーキになる基本を勉強中の参加者。チョットしたつづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 15時30分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2013年2月の一覧

2019-2020 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2019-6

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2019/05/09 Thu

名古屋から金城学院中学校修学旅行生41名が平和

60年前名古屋の淑徳高校生が4000羽の折りづるを広島に届け、その一房がサダコさんに届いた。このプロジェクトもその延長線上にあると思うと、名古屋からの修学旅行生には、特別な思いがする。今回は参加人数が41名なので、会場を袋町の「ひとまちプラザ」に移して開催。ここには原爆に関する平和資料館があり、見学

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/05/11 Sat

M8-ミニメモ帳を発売開始。

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ