2017年2月の記事一覧

2017年2月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

千羽鶴再生紙を使ったカップフォルダー完成

2017年02月04日(土曜日)

 千羽鶴ファクトリーチームの中には、喫茶コーナーを営む施設も多く、喫茶スペースでコーヒー等をサービスするのが目的ですが、テイクアウトできればもっとコーヒーを入れる機会が増えるので、気軽にテイクアウト出来るオシャレなカップフォルターを作ってみました。SHOPのロゴを入れることもできます。 提案者の自分つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 11時54分

カープ坊やが A7メモ帳の表紙に登場しました。

2017年02月02日(木曜日)

カープ坊やのイラスト入りのA7メモ帳が、2月1日発売開始されました。販売しているショップは平和公園内「レストハウス」、大手町1丁目の「すまいる☆スタジオ」。折り鶴タワーや。アオギリでも順次販売を開始します。販売元:広島県就労振興センター「すまいる☆スタジオ」製 造:すまいる☆スタジオ千羽鶴再生紙を使つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 18時22分

2月1日中国新聞朝刊「広島都市圏」に「広島市ふるさと納税」の返礼品に書籍と名刺が追加されました。

2017年02月02日(木曜日)

広島市ふるさと納税の返礼品に「千羽鶴再生紙の名刺」が追加されました。もう一つの返礼品はオバマ大統領(当時)の映像等を収録した書籍。詳しくは添付資料でご覧ください。つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 18時09分

読売新聞夕刊に取材記事が掲載されました。

2017年02月02日(木曜日)

前大統領オバマ氏が平和公園で安倍首相と献花して依頼、私共にも取材の申込が続きました。記者の方から良く聞かれることの一つに「千羽鶴に特別な思いはありますか・・」その質問に「 私共は広島市民として誰もが思っている事と同じです  」とお応えしています。つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 17時50分

本年度最後の平和記念館入場記念はがきを納品しました。

2017年02月01日(水曜日)

2016-2017年度に130万枚の記念はがきを千羽鶴ファクトリーチーム「社)広島県就労振興センター」が受注し、最後の15万枚を納品しました。平和公園内の風は冷たいモノの、穏やかな日差しで、清々しい朝でした。トラックが10時に到着すると待っていた「すまいる☆スタジオ」のメンバーは段ボールに入った「記つづき >>

活動報告 - 2016〜2017年度】 Posted by 事務局 at 10時00分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2017年2月の一覧

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-9

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2018/07/18 Wed

御朱印帳プロジェクトがスタートしました。

障がいの有る職人達の仕事として、御朱印帳作りはプロジェクトの重要課題の一つでした。本文の組立方や、再生和紙の厚さ、使用する糊、特に問題だった表紙。全てが整った御朱印帳プロジェクトは半年先の安定出荷を目標にスタートしました。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ