2013年8月の記事一覧

2013年8月に更新された
千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスです。

| 1 |

千羽鶴ファクトリー構想 2年目に向かって

2013年08月30日(金曜日)

日 時 2013年8月30日(金) 14:00〜16:00会 場 広島市育成会会議室参加者 広島市就労支援センター、広島県就労振興センター    製紙原料供給商工組合、NPO千羽鶴未来プロジェクト    ファクトリー構想参加宣言19所、新メンバー3所1.1年間を振り返り、2つの作業所からの報告。2.つづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 14時00分

神奈川県議会議員団の訪問を受けました。

2013年08月29日(木曜日)

神奈川県議会議員12名と事務局3名の皆さんが、NPO千羽鶴未来プロジェクトを訪れ、当NPOのファクトリー構想について、視察されました。ファクトリー構想が2年目に入り、周辺がどう変化してきたかを説明させて頂きました。議員団からの質問で、どうして参加する作業所がメーカーになれるのかと言う問に、詳しく説明つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 00時00分

7000mの千羽鶴ロープで、ギネスに挑戦

2013年08月25日(日曜日)

3月から進めてきた千羽鶴のロープでギネスに挑戦が8月25日(日)の24時間TVの生中継で、正式に認定された。これを企画したのは広島青年会議所のNO1創出委員会。平和公園の千羽鶴を1本のロープにして、その長さ7000mを達成しようと、多くの市民と障がい者、学生、関係者が協力して見事に達成した。つづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 00時00分

広島工業大学、修道大学が千羽鶴再生オリジナルボールペンを採用。

2013年08月10日(土曜日)

広島工業大学創立50周年記念千羽鶴再生グッズ3点セットに続き、修道大学が千羽鶴再生ボールペンを採用していただきました。つづき >>

トピックス】 Posted by 事務局 at 13時55分

灯ろう流しが縁で千羽鶴再生ノートがルアンダ共和国へ届けられます。

2013年08月09日(金曜日)

灯ろう流しの翌日、エマさんから電話があり日本国際飢餓対策機構 総主事田村さんとスタッフの3名で事務所に訪ねてこられました。お互いの活動内容を理解した上で、千羽鶴再生ノートを300冊ルアンダ共和国へ届けて頂くことになりました。ルアンダの小さな村を数カ所訪問しその都度、HIROSHIMAから届いたプレゼつづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 13時00分

千羽鶴再生紙が、今日から灯ろう流しに使われます。

2013年08月06日(火曜日)

8月6日平和公園で行われた灯ろう流しのセレモニーで、千羽鶴再生紙に英語と日本語でメッセージを書いたエマ・トレールさん。後で日本国際飢餓対策機構のスタッフだと判り、活動内容を聞き協力させて頂くことになりました。つづき >>

活動報告 - 2012年度〜2013年度】 Posted by 事務局 at 13時16分

| 1 |

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合 > 2013年8月の一覧

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-9

>>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2020/08/22 Sat

安佐動物公園のオリジナルメモ帳を千羽鶴再生紙で

安佐動物公園は5月18日から開園を再開。広々とした園内は、大人でも癒やされる空間です。ここでは天然記念物のオオサンショウウオを初めとして多くの動物達が自然に近い環境で飼育されています。 プロジェクトは2019年10月にM8サイズのメモ帳に飼育掛かりの方が撮った動物の写真を預かり26種類の動物達を表紙

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2020/09/18 Fri

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届き

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。 このプロジェクト

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ