活動報告 - 2003年度

02/19

いよいよ旅立つ再生ノート

2004/02/19 Thu

画像

2004年2月13日(金曜日)国際協力機構(JICA)アフガニスタン支援業務室前にて

JICA本部に届けられた千羽鶴再生ノートがいよいよ旅立つ時が来ました。

高校生の提案であるアフガニスタンの学校に再生ノートを送るプロジェクトは、現在下記の通り進行中である。とにかく1冊のノートをアフガニスタンの学校に届ける為のプロジェクトには、多くの方々が個人レベルで応援して頂いて始まったばかりだ。

再生ノート輸送の壁

画像

千羽鶴再生ノートがアフガニスタンJICA(国際協力機構)スタッフの個人的な支援で、現地の小学校へ届けてもらうこととなった。しかし、どのようにして再生ノートを日本からアフガニスタンのJICA事務所へ届けるか、大きな壁が目の前に立ちはだかった。
JICAは、物資輸送のみの業務は行っておらず、そのための予算も持っていないため、日本のNPOやNGO等から支援物資を輸送して欲しいとの申し出は多数あるが全て断っている。また、援助物資を無償で輸送してくれるNPOやNGOは国内になく、多額の輸送費用が必要となる。このため、NPOやNGOが集めた援助物資は、共同でコンテナを借りて輸送する場合が多い。
我々の再生ノートも1,000冊ともなれば、20kgのダンボール5箱となり、輸送コストが高額になってしまう。

プロジェクト支援の好意

2004年2月9日(月曜日)午前、JICAのアフガニスタン支援室の職員から、近日アフガニスタンに行くというので、取りあえずノートを送れとの連絡があった。
早速、広島県からJICA本部へ再生ノート1000冊を送る。
日本からアフガニスタンへ全てのノートを一度に送るとエクセス料金がかかる為、100冊程度に分けて、持って行ってもらうこととなった。後日、エクセス料が必要とわかり、必要経費を支援者に支払った。それだけこのノートには、係わる方々の熱い思いが積み重なっていくように感じられる。

再生ノートの配送リレー

画像

このように再生ノートは支援者達の好意で、リレー形式によってアフガニスタンJICA事務所へ運んでもらうことになった。
そして、2004年2月14日(土曜日)千羽鶴再生ノートは日本を旅立った。

Posted by 事務局 at 18時32分2003年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-8

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ