千羽鶴未来プロジェクト 総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスを
登録日順に表示する総合ページです。

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合

2018年04月11日(水曜日)

解体・仕分けされた淡い色の千羽鶴が福井県越前和紙の工場へ出荷されました。

画像

福井県越前市は、この冬2m程の積雪が続き、和紙の工場にトラックの進入がままならず、約1ヶ月半稼働がストップしていました。雪も溶けて千羽鶴抄紙の知らせが届き、工場に解体、仕分けされた淡い色の千羽鶴約500Kgのブロックを出荷しました。
早ければ、4月20日頃には抄紙された千羽鶴再生紙が広島に到着します。

画像

500Kgにラッピングされた千羽鶴

広島市周辺のプロジェクトに参加している約30の福祉事業所から集められる解体・仕分けされた淡い色だけの千羽鶴は、ラッピングされ出荷を待っていました。
今回の抄紙は、4種類の再生紙に抄紙される予定です。

Posted by 事務局 at 12時30分 パーマリンク | 活動報告 > 2017〜2018年度

2018年04月07日(土曜日)

「長野市民平和の日の集い」の折り鶴が到着しました。

画像

長野市から届いた8つの袋に詰め込まれた折り鶴

長間紙で毎年行われている「長野市民平和の日の集い」の会場で折られた折り鶴と平和の願いを込めて書かれたメッセージが今年も広島に到着しました。届けられた「むぎの家」では、広島の千羽鶴と同じように解体仕分けを行います。

画像

仕分けを始めます

画像

たくさん届きました


毎年、届く平和の集いの折り鶴は、広島・長崎・沖縄などの折り鶴と一緒に折り鶴再生紙に抄紙され、千羽鶴オリジナルグッズに生まれ変わります。長野市には、送って頂いた量に合わせてノート等の再生グッズの発注を受け、名前の入ったオリジナルなグッズを製作して届ける事になっています。

Posted by 事務局 at 17時06分 パーマリンク | 活動報告 > 2017〜2018年度

2018年04月04日(水曜日)

長崎市手をつなぐ育成会から、工房すま☆スタの視察に来広。

画像

長崎市手をつなぐ育成会4名の視察グループ

長崎平和資料館、長崎平和推進協会から千羽鶴を預かり、広島・沖縄の千羽鶴と一緒に抄紙を始めて2年。長崎市いくせい会、社会福祉事業所の方々4名が生成グッズを製造する工房「すまいる☆スタジオ」を視察。
100%障がいの有る職人達が作る再生グッズを手にとって、長崎でも是非やりたいと夕刻ミーティングを開催。

Posted by 事務局 at 14時00分 パーマリンク | トピックス

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-4

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2018/07/18 Wed

御朱印帳プロジェクトがスタートしました。

障がいの有る職人達の仕事として、御朱印帳作りはプロジェクトの重要課題の一つでした。本文の組立方や、再生和紙の厚さ、使用する糊、特に問題だった表紙。全てが整った御朱印帳プロジェクトは半年先の安定出荷を目標にスタートしました。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ