千羽鶴未来プロジェクト 総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスを
登録日順に表示する総合ページです。

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合

2018年04月04日(水曜日)

長崎市手をつなぐ育成会から、工房すま☆スタの視察に来広。

画像

長崎市手をつなぐ育成会4名の視察グループ

長崎平和資料館、長崎平和推進協会から千羽鶴を預かり、広島・沖縄の千羽鶴と一緒に抄紙を始めて2年。長崎市いくせい会、社会福祉事業所の方々4名が生成グッズを製造する工房「すまいる☆スタジオ」を視察。
100%障がいの有る職人達が作る再生グッズを手にとって、長崎でも是非やりたいと夕刻ミーティングを開催。

Posted by 事務局 at 14時00分 パーマリンク | トピックス

2017年10月02日(月曜日)

ふるさと納税返礼品に千羽鶴再生CARPグッズ

画像

2017.9.29-中国新聞朝刊記事より

ふるさと納税(平和施設に使い道を限定したコース)返礼品に新しく千羽鶴再生CARPグッズが加わった。広島東洋カープ球団より認可を受け、8月よか製造販売を始めた「カープ坊や」と「SLYLY」のイラスト入りグッズがふるさと納税返礼品に加わり、再生グッズは7点となった。

Posted by 事務局 at 11時24分 パーマリンク | トピックス

2017年09月21日(木曜日)

岐阜県加納中学平和学習レポート

画像

平和体験学習に参加した岐阜県加納中学修学旅行33名

2017.9.21(木)10:00〜13:00(Launch Timeを含む)
今年も岐阜県加納中学から修学旅行平和学習体験クラスが千羽鶴プロジェクトの平和学習を体験しました。
会場は、広島駅新幹線からほど近いプロジェクトメンバーが経営するパン工場[SOAR]の会議室。参加したのは33人の生徒と教員2名。
当プロジェクト代表重松まゆみから、グローバルな視点で考える現代の平和とは。そして講師の吉清からはプロジェクトが進める障がい者自立支援の社会実験について学習を行った。
休憩を挟んで障がいの有る仲間と行う千羽鶴解体と、手作りえんぴつを体験をしてSOARの提供するランチタイムを楽しみ、次の目的地に出発した。

画像

グローバルな平和学習授業

画像

千羽鶴解体体験


画像

手作りえんぴつ体験

画像

ランチタイム


Posted by 事務局 at 10時00分 パーマリンク | 活動報告 > 2016〜2017年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-4

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2018/07/18 Wed

御朱印帳プロジェクトがスタートしました。

障がいの有る職人達の仕事として、御朱印帳作りはプロジェクトの重要課題の一つでした。本文の組立方や、再生和紙の厚さ、使用する糊、特に問題だった表紙。全てが整った御朱印帳プロジェクトは半年先の安定出荷を目標にスタートしました。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ