千羽鶴未来プロジェクト 総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトからのお知らせ、活動報告、トピックスを
登録日順に表示する総合ページです。

TOP > 千羽鶴未来プロジェクト総合

2011年05月31日(火曜日)

千羽鶴の活用策を公募

PDFファイル

朝日新聞の記事から

松井広島市長は30日、中区平和公園にある「原爆の子の像」に寄せられた折り鶴の活用策を公募すると発表。やっと永久保管から開放された千羽鶴の活用に目が向けられることになった。
活用方法に対して多くの意見が集まることを期待し、私共も再生に向けた松井広島市長の方針に賛成し、協力を惜しまない。

PDFファイル

中国新聞の記事から


Posted by 事務局 at 15時19分 パーマリンク | ニュース

2011年04月25日(月曜日)

松井広島市長RCC Eタウンへ生出演

画像

松井市長は、RCCのEタウンプロジェクトに生出演して、千羽鶴の最終処分方法で、コメンテーターからの質問に再生への選択肢が十分考えられると語った。
選挙期間中、松井市長は再生ボールペンを胸に自らも再生へのPRを続けたという。広島の未来は明るくなった。
我々は過去の経験を元に、単なる再生活動だけでなく、明るい元気の出る広島へ向かってプロジェクトをさらに前進させる。

Posted by 事務局 at 10時17分 パーマリンク | ニュース

2011年04月15日(金曜日)

千羽鶴は再生も選択肢に・・中国新聞

PDFファイル

2011.4.15朝刊

松井一実広島新市長は、千羽鶴の最終処分方法の中に再生紙を考慮すると再生紙で作った紙管のボールペンを手に大きく方向転換すると語った。
やっと我々の活動に共鳴する考えを持つ市長が誕生したことは、頼もしい限り。
このボールペンがどのようなものかは、平和公園内にあるshop  2箇所で見ることができ、もちろん購入できます。1本150円

Posted by 事務局 at 18時19分 パーマリンク | トピックス

松井一美広島新市長、折り鶴保存施設白紙に

日本経済新聞の記事から、やっと千羽鶴保存から開放された。
何らかの方法で再生すると明言。いいニュースではないですか。
スタッフ一同、ホッとしています。広島の経済発展に市民として協力しましょう。

Posted by 事務局 at 12時30分 パーマリンク | トピックス

2019-2020 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2011-5

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2019/08/08 Thu

新潟長岡市派遣中学生22名参加の「平和体験学習

今年も8月6日当日、平和慰霊祭に出席した長岡市から派遣された22名の中学生は、一旦宿泊先に戻り準備を整え「すまいる☆スタジオ」の工房へ到着。10:00〜約2時間の平和学習を体験した。1.平和学習目的を確認2.自分で考える力を付ける3.千羽鶴の再生プログラムを知る4.障がいのある人の事を理解する4つを

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/05/11 Sat

M8-ミニメモ帳を発売開始。

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ