2006-2007 年度

千羽鶴未来プロジェクト 活動報告一覧

2006-2007年度の千羽鶴未来プロジェクトの活動記録です。
過去に行った活動についてもご覧いただけます。

2007年02月14日 (水曜日)

地球環境市民大学校 環境NGOと市民の集い 中国・四国ブロック

平成19年2月11日(日)高知県立牧野動物園 10:00~16:00主催者の挨拶で始まったワークショップ「みんなで描く環境まんが!」は、参加したNPOなど団体が活動している様子を判りやすく「まんが」で表現することで、より理解を深めようとする企画だ。

この活動報告のつづきを読む

2006年12月10日 (日曜日)

第21回NAHAマラソンから始まった完走賞など各賞の賞状に千羽鶴再生紙が使われて、すっかり定着。

2万人を超すマラソン大会の賞状に千羽鶴再生紙が使われ、平和とスポーツの架け橋になれば、平和を祈念して折られた千羽鶴も絶対うれしいはず、完走したり優秀なタイムでゴールしたランナー全てが手にする賞状として羽ばたいています。

この活動報告のつづきを読む

2006年10月12日 (木曜日)

カンボジア国研修員へ千羽鶴再生ノートと再生ボールペンを贈呈

平成18年10月12日(木)東広島市役所第一応接室にて、東広島市長、助役、総務部長、企画部長、JICA中国国際センター長、HIC広島国際センター研修部長、JICA研修監理員、西志和農園施設長、志和中学校長、生徒代表、忠海高校ボランティア部顧問、生徒代表、竹原市役所、千羽鶴未来プロジェクト代表理事他2

この活動報告のつづきを読む

2006年09月27日 (水曜日)

今年も様々な協力を得て再生への準備作業を行いました。

今年の夏は、すさまじい夕立がたくさんありました。広島市の平和記念公園や、その周辺にある慰霊碑や祈念碑に捧げられた千羽鶴は雨よけのある「原爆の子像」以外はどれもボロボロになってしまいました。それでも「国民学校の生徒・教師の慰霊碑」に子どもたちから届けられた千羽鶴を回収しました。ビショビショでしずくのた

この活動報告のつづきを読む

2006年09月15日 (金曜日)

千羽鶴再生ノート、ボールペンをパキスタンへ…

ANT-Hiroshima(アジアの友と手をつなぐ広島市民の会)渡部朋子代表の協力を得て、パキスタンへ届けることができました。帰国したばかりの渡部代表からの報告と写真をいただきました。ファルーク・アワン氏はPCYO アザト カシミール代表で、ムザファラバード(カシミールの州都)の

この活動報告のつづきを読む

TOP > 活動報告一覧 > 2006-2007年度 活動報告一覧

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-9

>>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

トピックス

再生活動以外の主な活動

2020/09/18 Fri

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届き

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。 このプロジェクト

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ