活動報告 - 2006年度

10/12

カンボジア国研修員へ千羽鶴再生ノートと再生ボールペンを贈呈

2006/10/12 Thu

画像

平成18年10月12日(木)東広島市役所第一応接室にて

平成18年10月12日(木)東広島市役所第一応接室にて、東広島市長、助役、総務部長、企画部長、JICA中国国際センター長、HIC広島国際センター研修部長、JICA研修監理員、西志和農園施設長、志和中学校長、生徒代表、忠海高校ボランティア部顧問、生徒代表、竹原市役所、千羽鶴未来プロジェクト代表理事他2名が参加して、国際協力機構(JICA)研修で、地方行政を学びに来ているカンボジア国からの10人の研修員に対して、千羽鶴未来プロジェクト正会員である蔵田市長から再生ノート100冊とボールペン100本を寄贈した。

寄贈後、重松代表理事からノートの意義を簡単に説明し、カンボジア国研修員と暫く懇談した。

画像

カンボジアからの礼状

親愛なるみなさんへ

千羽鶴未来プロジェクトからのノートとボールペンを子供達に配布しました。
写真がおくれて申し訳ありません。
シアヌークシティのフンセンマタヘップ小学校の生徒、教師、校長と一緒に撮ったものです。

子供達はノートとボールペンをもらって大喜びで大変感謝しています。
子供達に変わりまして私から心よりの御礼をお伝え申し上げます。
千羽鶴未来プロジェクト、東広島市、東広島市市役所の皆様、ありがとうございました。

他のグループメンバーからも写真が届くと思います。
私達は皆、日本から戻って 大変多忙な毎日を送っています。
チェア ブンヘンより

画像
画像

Posted by 事務局 at 10時37分2006年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-4

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2011/07/21 Thu

永久保存から開放された千羽鶴を再生するため8月

千羽鶴未来プロジェクトでは、広島青年会議所と協力して広島の平和公園に集まり、永久保存として保管されていた千羽鶴を再び羽ばたかせようと、再生事業のワンステップとして、解体作業を行います。開催された折り鶴は青年会議所の提案で「折り鶴モザイクアート」に生まれ変わ平和公園で8月27日に公開されます。残った折

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/04/12 Thu

サンフレッチェ V-POINT&nb

地域貢献、障がい者支援の目的で、千羽鶴未来プロジェクトの売れ筋商品POCKET付箋をプレミアムノベルティーとして製作・納品しました。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ