2004-2005 年度

千羽鶴未来プロジェクト 活動報告一覧

2004-2005年度の千羽鶴未来プロジェクトの活動記録です。
過去に行った活動についてもご覧いただけます。

2005年02月03日 (木曜日)

広島県竹原市の県立忠海高校へ再生ノート完成の報告を行いました。

昨年10月16日に広島県立忠海高校文化祭で行われた千羽鶴の糸抜き、選別作業に協力していただいた同校ボランティアクラブの皆さんに、完成した千羽鶴再生ノートを届けました。作業の様子はこちら。...

この活動報告のつづきを読む

2004年10月21日 (木曜日)

広島県竹原市の県立忠海高校で千羽鶴の糸抜き、選別作業を行いました。

2004年10月16日(土)に行った選別作業は、忠海高校の文化祭のプログラムの1つとして、ボランティアクラブの皆さんか企画されたものです。千羽鶴は忠海の近くの大久野島〈※戦前・戦中、毒ガス兵器を製造していた島として知られている。現在は国民休暇村のある自然豊かな美しい島です。〉の慰霊碑、広島県三原市の...

この活動報告のつづきを読む

2004年09月29日 (水曜日)

広島県東広島市、社会福祉法人西志和農園にて、今年度の第一回目の糸ぬき作業を行いました。

9月25日、2004年度第一回目の千羽鶴の糸ぬきと金紙、銀紙、ビーズなどを取り除く作業を東広島市志和にある社会福祉法人西志和農園の全面的な協力を得て、施設内の多目的ホールで行いました。今年も、昨年同様レポート1にある高知市の平和七夕祭りと広島高校生平和ゼミナールから折り鶴が届けられました。さらに、明...

この活動報告のつづきを読む

2004年09月29日 (水曜日)

2004年度の千羽鶴の収集がはじまりました。

▼高知 第22回平和七夕祭り

この活動報告のつづきを読む

2004年07月01日 (木曜日)

子供たちのもとに‥アフガニスタンよりノート配布時に撮影された写真が届きました。

先日アフガニスタンのマハジョバヘラウィ女子中学校でノート配布している様子の写真が届きました。また、Jamila Sharif(ジャミラ・シャリフ)校長先生からの受領書も一緒に届きました。...

この活動報告のつづきを読む

2004年06月15日 (火曜日)

子供たちのもとに…2004年6月15日、千羽鶴再生ノートがアフガニスタンの子供たちのもとに届きました。

千羽鶴未来プロジェクト事務局 中本さんへ。ご無沙汰です。ご依頼のあった、当事務所でお預かりしていた881冊の千羽鶴再生ノートの配布を、本日(6月14日)午前中(午前11時〜12時半)に終わりましたので、次のとおりご報告します。...

この活動報告のつづきを読む

TOP > 活動報告一覧 > 2004-2005年度 活動報告一覧

2017-2018 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2017-10

>>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2011/07/21 Thu

永久保存から開放された千羽鶴を再生するため8月...

千羽鶴未来プロジェクトでは、広島青年会議所と協力して広島の平和公園に集まり、永久保存として保管されていた千羽鶴を再び羽ばたかせようと、再生事業のワンステップとして、解体作業を行います。開催された折り鶴は青年会議所の提案で「折り鶴モザイクアート」に生まれ変わ平和公園で8月27日に公開されます。残った折...

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

トピックス

再生活動以外の主な活動

2017/10/02 Mon

ふるさと納税返礼品に千羽鶴再生CARPグッズ...

ふるさと納税(平和施設に使い道を限定したコース)返礼品に新しく千羽鶴再生CARPグッズが加わった。広島東洋カープ球団より認可を受け、8月よか製造販売を始めた「カープ坊や」と「SLYLY」のイラスト入りグッズがふるさと納税返礼品に加わり、再生グッズは7点となった。...

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ