活動報告 - 2004年度

10/21

広島県竹原市の県立忠海高校で千羽鶴の糸抜き、選別作業を行いました。

2004/10/21 Thu

画像

忠海高校での作業の様子

2004年10月16日(土)に行った選別作業は、忠海高校の文化祭のプログラムの1つとして、ボランティアクラブの皆さんか企画されたものです。千羽鶴は忠海の近くの大久野島〈※戦前・戦中、毒ガス兵器を製造していた島として知られている。現在は国民休暇村のある自然豊かな美しい島です。〉の慰霊碑、広島県三原市の原爆戦没者慰霊碑、さらに神奈川県平塚市から寄せられました。千羽鶴の中には先の台風で泥だらけになったものも多くあり、生徒さんたちが1つ1つ付着した泥を落としながらの作業でした。それでも約1時間で20kgあまりの袋詰めが完了しました。
先生、生徒さんたちのガンバリ、お疲れさまでした。又、関係された全ての方々にお礼申し上げます。

『神奈川県平塚市の取り組みと千羽鶴をいただいた経緯』

私は“千羽鶴未来プロジェクト”に参加するにあって、どこからか折り鶴を頂けないかと、インターネットで検索してみました。すると神奈川県の平塚市で「市民平和の夕べ」という催しがあることを知り、そのひとつとして折り鶴コーナーを設けていることを知りました。その折り鶴は市民の皆様がひとつひとつ折り、2,000羽以上の数になったのをボードに貼り付けたものだそうです。私は是非、平和を願って作られたこの折り鶴をプロジェクトのために頂けないかと、平塚市の方にメールを送ったところ、頂けるというお返事をもらいました。少しでも再生ノートを作る為に、役に立てば良いと思っています。

広島県立忠海高等学校 中舛奈穂

広島県立忠海高等学校ボランティアサークル

3年生 高橋ひろこ【部長】、寄能梨沙、中舛奈穂、宮地春菜、黒本愛、中川尚美、上野佳世、高山美穂、松野ゆき、港季美恵、小林真弓、南條真美、末田まみ、住吉園子
2年生 湊育子、黒杭美郷
1年生 江村美紀

Posted by 事務局 at 19時55分2004年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-8

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ