2019-2020 年度

千羽鶴未来プロジェクト 活動報告一覧

2019-2020年度の千羽鶴未来プロジェクトの活動記録です。
過去に行った活動についてもご覧いただけます。

2020年08月22日 (土曜日)

安佐動物公園のオリジナルメモ帳を千羽鶴再生紙で製作しています。

安佐動物公園は5月18日から開園を再開。広々とした園内は、大人でも癒やされる空間です。ここでは天然記念物のオオサンショウウオを初めとして多くの動物達が自然に近い環境で飼育されています。 プロジェクトは2019年10月にM8サイズのメモ帳に飼育掛かりの方が撮った動物の写真を預かり26種類の動物達を表紙

この活動報告のつづきを読む

2020年08月22日 (土曜日)

プロジェクトチームに参加する福祉作業所の作るクッキーやグッズの紹介・販売イベントが開催されました。

広島県就労振興センター、広島市就労支援センターが主催する「ふれあいプラザ開設20周年記念」のイベントが広島市の地下街シャレオ中央広場で2020年8月20日11:00〜16:00開催され、広場には販売ブース、実演ブースが設けられ多くの買い物客が訪れていました。千羽鶴プロジェクトチームには、40チームが

この活動報告のつづきを読む

2020年08月21日 (金曜日)

千羽鶴再生和紙を使った「せんす」の第二弾、大和ミュージアムグッズ「ヤマトのせんす」を8月22日(土)から、ヤマトミュージアムで発売を開始しました。

特別に抄紙した特別な千羽鶴再生和紙は、薄さが20g/㎡。せんすの両面から貼り込んでも、せんす特有の上品さは充分保ててます。表は戦艦大和がゼロ戦を従え、二匹のシャチと優雅な姿をイラストにしました。海に浮かんだ大和の風で平和な時代を感じて下さい。

この活動報告のつづきを読む

2020年08月19日 (水曜日)

この夏一番のお薦めが、千羽鶴再生紙で作った「扇子」。7月にリニューアルオープンした平和公園レストハウスで、好評発売中です。

海外からの大切なお客様用に、千羽鶴再生紙で「扇子」が作れないかと広島市からの要請に応え、扇子職人が納得する薄さの千羽鶴再生紙を直接和紙職人を訪ね、半年掛かりで抄紙しました。市へ納品したデザインは折り鶴のイラストが描かれていますが、こちらは鯨に乗ったドームが涼しげに描かれています。この夏、平和で涼しい

この活動報告のつづきを読む

2020年08月19日 (水曜日)

かながわ県生活協同組合 ユーコープから、「親子で平和スタディ」の記念品の注文を頂きました。

M8サイズの小さなメモ帳ですが、グッズの中で一番の人気です。今回は「ドームと小鳥、クジラに乗ったドーム」2点のセットです。裏表紙には、イベントの名称をレイアウトさせて頂き、本日発送しました。かながわユーコープの皆様お待たせしました。

この活動報告のつづきを読む

2020年08月13日 (木曜日)

2020年8月広島への修学旅行平和学習が中止になり、藤沢市は参加予定の生徒達に平和のカルタを作る絵と文を募集。

8月6日を前後して、毎年平和学習を受け入れていましたが、今年は全て中止です。本日広島市平和推進課から。9月以降修学旅行生の受け入れが始まりそうなので、記念ハガキの準備を始めるよう連絡が入りました。夏は高校野球や広島・長崎への平和学習の話題が夏休みを盛り上げる大きなイベントです。

この活動報告のつづきを読む

TOP > 活動報告一覧 > 2019-2020年度 活動報告一覧

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-8

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

トピックス

再生活動以外の主な活動

2020/09/18 Fri

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届き

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。 このプロジェクト

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ