2019年02月22日(金曜日)

大刀洗平和祈念館から、千羽鶴が届きました。

画像

ワゴン車一杯に詰まれてきた大刀洗記念館の千羽鶴

2019.2.19㈫
福岡県 朝倉郡にある筑前町立大刀洗平和記念館からワゴン車一杯に詰まれた千羽鶴との職員3名の訪問を受けました。
長崎平和祈念館で我々千羽鶴プロジェクトのことを知り、工房で働く障がいの有る職人達への表敬訪問が目的の一つで、すまいる☆スタジオのスタッフからグッズ製作現場の説明を受け、今後大刀洗平和祈念館のミュージアムグッズを提供させて頂くことになりました。

画像

38mmカンバッジ6種類

ミュージアムグッズは、
1.38mmマグネット
1.A6リングノート・A7リングノート・miniメモ帳
1.mini付箋
1.一筆箋
1.コース-ター などで、
少しずつ、グッズの種類を増やしていく予定です。

画像

唯一現存する零戦三二式戦闘機

旧陸軍が東洋一を誇った大刀洗飛行場を中心とする一大軍都が存在した場所。昭和20年(1945年)3月、米軍の大空襲により壊滅的な被害を受け、民間人を含む、多くの尊い命が失われた。
この飛行場は特攻隊の中継基地として、多くの若き特攻隊員たちの出撃を見送った場所でもあり、この筑前町立大刀洗平和記念館は「平和への情報発信基地」として、 平和へのメッセージを発信し続けます。<筑前町立大刀洗平和記念館>

Posted by 事務局 at 09時38分 パーマリンクトピックス

2018年10月02日(火曜日)

今年も三鷹市から折り鶴がダンボール3箱届きました。

画像

三鷹市から届いたばかりの折りづるは、広島の折りづると一緒に解体・仕分けをします。

今年も三鷹市から3ケースの折りづるが届きました。広島・沖縄・長崎の折りづると一緒に千羽鶴再生和紙に抄紙するための最初の作業が始まります。
10月2日にすまいる☆スタジオに到着した三鷹市のおりづるは、すま☆スタの仲間が早速仕分けに掛かります。

画像

三鷹市から届いた折りづるは、私たちが責任を持って仕分けします。


Posted by 事務局 at 18時32分 パーマリンクトピックス

2018年07月18日(水曜日)

6月分15万枚の納品が完了しました。

画像

6月分15万枚のはがきを納品しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

Posted by 事務局 at 13時54分 パーマリンクトピックス

CARPグッズ新商品登場。白と赤のおりがみを発売予定。

画像

千羽鶴再生紙の白と赤のおりがみ

CARPグッズに新しい千羽鶴再生グッズ、白と赤の折り紙の発売がこの夏8月中に決定。中程にあるラインから折っていくと、両サイドの羽にCARPのマークが現れます。
みんなで、折り鶴を折りながらCARPを応援しましょう。

Posted by 事務局 at 13時39分 パーマリンクトピックス

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2019-4

>>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2019/03/11 Mon

平和の御朱印帳販売を開始しました。

商品開発に約2年を費やしたプロジェクト最もお薦めグッズの一つです。本文は職人達の努力で納得の行く朱印帳になりますが、千羽鶴再生和紙に相応しい表紙が和歌山県海南市の蒔絵工房のご協力で完成し販売を開始することが出来ます。 千羽鶴再生和紙を使った御朱印帳は、全て職人達の手造りのため予約販売とさせて頂いてい

これまでの活動報告

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ