活動報告 - 2015〜2016年度

09/13

2016-2017年度 第4回千羽鶴ファクトリー会議開催

2016/09/13 Tue

画像

安倍理事の司会で会議が進行されます。

日 時 2016.9.13(水)14:00〜
会 場 育成会総合福祉センター本館
参加者 ファクトリーチーム22名
    千羽鶴未来プロジェクト3名
    広島市就労支援センター1名
    ゲスト 広島市平和推進課、広島市自立支援課
        中国地区製紙原料直納商工組合
        広島社会福祉協議会

内 容
① 共同事業収支報告
② 2015-2016年度の活動内容の検証と、新年度のMISSION確認

画像

プロジェクトの検証

画像

MISSIONの検証


 ただ、千羽鶴を解体分別して、再生資源量にするだけで無く、係わる障がいの有る仲間が、千羽鶴再生グッズを作る職人に育つことがこのプロジェクトのMISSIONの一つであり、地域とどう係わるかの社会実験です。

 すまいる☆スタジオを、千羽鶴再生グッズを作る工房として開設して約1年半が経過しました。そこで働く約10名の利用者は、今では多くの仕事を熟すことができます。もちろん得手不得手はありますが、繁忙期には月間約3,000冊のノートを作れる程に成長しました。

 作るのはノートだけでなく、カンバッチ、マグネット、コースター、しおり、メッセージカードなど約20種類のグッズを作っています。広島平和公園内3カ所のショップや、原爆ドーム側のおりづるタワーで販売しています。

 その他、広島市現代美術館ミュージアムグッズや、呉大和ミュージアムオリジナルグッズとしても販売しています。
 今年の8月からは、長崎平和祈念館オリジナルグッズとして、ノート・しおり・マグネットなどの製作を開始しました。

Posted by 事務局 at 14時00分2015〜2016年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-12

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/10/02 Tue

今年も三鷹市から折り鶴がダンボール3箱届きまし

今年も三鷹市から3ケースの折りづるが届きました。広島・沖縄・長崎の折りづると一緒に千羽鶴再生和紙に抄紙するための最初の作業が始まります。10月2日にすまいる☆スタジオに到着した三鷹市のおりづるは、すま☆スタの仲間が早速仕分けに掛かります。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ