活動報告 - 2015〜2016年度

09/15

岐阜市加納中学2組34名が平和体験学習を受講

2016/09/15 Thu

画像

平和体験学習に参加した加納中学2年2組34名のみなさん。

今年で3回目になる、岐阜市加納中学校の平和体験学習が、B型作業所パン工房ソアーで開催された。参加したのは2年2組34名。
講師を務めるのは、重松代表。内容は国際平和と同年代の若者達の今。続いて千羽鶴の利用方法と障がい者支援などをプロボノを研究している吉清理事が受け持った。
60分の学習の後、障がい者と千羽鶴の解体と、手作りえんぴつを体験した。昼食はここソアーの焼きたてパンランチを楽しみ、縮景園へ。
楽しい旅が続くよう願い、みんなで見送りました。
こうして、プロジェクトのMISSIONを成功させるための社会実験が続きます。

画像

国際感覚の平和を考える時間でした。


画像

自己紹介をした利用者は、それぞれのグループに入って千羽鶴の解体リーダーとして参加


画像

このグループでは、すま☆スタの廣瀬君がリーダーで指導します


画像

えんぴつを作るコーナー、すま☆スタの上野君がリーダーを受け持ったグループ


このプロジェクトのMISSIONの一つ「障がい者理解」は、障がいのある仲間と一緒に時間を過ごすことで、強く暖かい心を持てる若者を育成することです。
修学旅行先に「広島」を選んだときには是非、千羽鶴未来プロジェクトの平和体験学習に参加してみて下さい。お待ちしています。

Posted by 事務局 at 10時00分2015〜2016年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-12

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/10/02 Tue

今年も三鷹市から折り鶴がダンボール3箱届きまし

今年も三鷹市から3ケースの折りづるが届きました。広島・沖縄・長崎の折りづると一緒に千羽鶴再生和紙に抄紙するための最初の作業が始まります。10月2日にすまいる☆スタジオに到着した三鷹市のおりづるは、すま☆スタの仲間が早速仕分けに掛かります。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ