活動報告 - 2013年度〜2014年度

08/05

藤沢市から派遣された親子の平和体験学習を受け入れました。

2014/08/05 Tue

画像

日 時 204.8.5(火)
会 場 すまいる☆スタジオ
参加者 6家族12名
学習内容 
◎広島から発信する新しい平和学習 ◎千羽鶴の再生と、障がい者理解
◎手作りえんぴつ体験

画像

前半は理事長の重松が担当する千羽鶴が教えてくれる平和教育と、世界の平和。そして千羽鶴の再生事業と障がい者支援をテーマに学習しました。親子を対象にした場合どうしても小学生を対象に学習内容を絞り込みますが、広島に集まる千羽鶴がすでに100屯も保管されていることを知ると驚きの声が上がります。

画像

その千羽鶴を解体・仕分けを、障がい者と一つのテーブルを囲んで体験します。障がい者は日常的にやっていることですが、体験学習の親子にとっては初めてのこと。色と材質で千羽鶴再生紙の資源にするものと、一般再生資源に仕分けしました。続いて手作りえんぴつを体験し平和学習メニューを修了。明日の記念式典に参加するため今日は早めのチェックインでした。

Posted by 事務局 at 15時30分2013年度〜2014年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-6

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/05/25 Fri

特別な一筆箋を商品化しました。

千羽鶴再生紙で一筆箋を商品化しました。85×173mmの少し小さめの封筒4枚と、70×157mmの便箋12枚をセットにした、千羽鶴再生紙の特別な一筆箋です。折り鶴のイラストで平和記念公園をイメージしました。封筒と便箋のセットが特長です。価格は300円(消費税別)

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ