活動報告 - 2012年度〜2013年度

09/22

第13回育成会まつりに千羽鶴解体体験コーナー、ファクトリー構想を説明

2013/09/22 Sun

画像

千羽鶴の解体仕分け作業を体験する子ども達

広島市手をつなぐ育成会の育成会まつりに参加しました。
育成会は、知的障害のある子どもを持つ保護者の会で、今年で55年目を迎えた。
本部は打越町、祭り会場を三篠小学校に移して3年目である。
体育館のステージでは、午前中フラダンスや、中学生のブラスバンド演奏、コーラス、合唱などが行われ、校庭ではゲームや、バザー、バルーンアート、アンジュビオレ広島のスポーツ教室などが行われた。
展示コーナーでは、障がい者の作品が紹介され、今年は図書室で千羽鶴の解体コーナーで、千羽鶴の解体色分けなどを体験した。体験した子ども達には千羽鶴再生グッズノートをプレゼントし、ファクトリー構想について説明をした。

画像

仕分け作業を体験した子ども達にノートを渡す重松理事長


画像

クッキープロジェクトチームの「のぼり」のあるテント

校庭に設けられたテントでは、ファクトリー構想に参加している作業所が多く参加。クッキープロジェクトチームはHIROSHIMA COOKIES のぼりを立てて販売。

画像

やっぱり意気込みが違うようだ


PDFファイル

23日月曜日の中国新聞に掲載された記事。

Posted by 事務局 at 10時00分2012年度〜2013年度

2020-2021 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-10

>>

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2020/09/18 Fri

今年も三鷹市からダンボール3箱分の千羽鶴が届き

 昨日9月17日、三鷹市から千羽鶴がダンボールで3箱分届きました。平和を祈念して三鷹市市民から寄せられた多くの千羽鶴を平和利用するための方法として、我々のプロジェクト活動が選ばれ届けて頂いています。 これらの鶴は全国から集まる千羽鶴と仕分けされ、福井県越前和紙の技術で再生されます。 このプロジェクト

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ