活動報告 - 2005年度

06/17

広島大学院国際協力研究科の古川直樹君の協力を得て、
アフガニスタンの小学校に千羽鶴再生ノートとボールペンを届ける事ができました。

2005/06/17 Fri

イングリングマユミ様
ご無沙汰いたしております。
ノートとペンの寄贈についてですが、カーブル旧市街にあるアブライハム・アル・ビルニーという小学校に寄贈いたしました。 JICAカーブル事務所からカーブル市教育局の局長(?)のOzim氏を紹介して頂き、彼の仲介の下、この小学校を訪問しました。

カーブルの下町というのでしょうか、カーブルの中でも特に貧しい市民が多く住む地区にあるこの小学校では生徒たち全員に教室や机、いすが行き届いておらず、多くの子供たちが 校庭のUNHCRのテントの下で地べたに座り勉強していました。また、文房具にしても全ての子供たちが持っているようには見受けられませんでした。しかし、そのような決して恵まれない環境の中でも、子供たちは真剣に授業を受け、休み時間は楽しそうに遊んでいます。その姿は今も目に焼きついています。しんどい思いをして運んできたノートとペンが「こうした子供たちの将来に役立つんだな」と思うと、それまでの疲れが一気にどこかへ飛んで行ってしまいました。

ただ、先生や子供たちの写真を撮ったカメラを盗まれてしまいまして、寄贈時の写真をお見せすることができなくなってしまいました・・・本当に申し訳ありません。

今回、アフガニスタンという紛争後国家の国の貧しさ、そこで一生懸命に生きる人々の姿というものを垣間見る貴重な経験をする機会を与えていただいたことを本当にありがたく思っています。次回またアフガニスタンに赴く機会があるときはぜひまたノートとペンを担いで持って行きたいと思います。

また、この場をお借りして寄贈する小学校の選択と訪問の際に、ご迷惑おかけしたJICAカーブル事務所の皆様に御礼申し上げます。

古川 直樹
広島大学院国際協力研究科M2

Posted by 事務局 at 20時14分2005年度

2017-2018 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2017-12

>>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2011/07/21 Thu

永久保存から開放された千羽鶴を再生するため8月...

千羽鶴未来プロジェクトでは、広島青年会議所と協力して広島の平和公園に集まり、永久保存として保管されていた千羽鶴を再び羽ばたかせようと、再生事業のワンステップとして、解体作業を行います。開催された折り鶴は青年会議所の提案で「折り鶴モザイクアート」に生まれ変わ平和公園で8月27日に公開されます。残った折...

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2017/10/02 Mon

ふるさと納税返礼品に千羽鶴再生CARPグッズ...

ふるさと納税(平和施設に使い道を限定したコース)返礼品に新しく千羽鶴再生CARPグッズが加わった。広島東洋カープ球団より認可を受け、8月よか製造販売を始めた「カープ坊や」と「SLYLY」のイラスト入りグッズがふるさと納税返礼品に加わり、再生グッズは7点となった。...

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ