活動報告 - 2012年度〜2013年度

04/09

信州大学付属長野中学校の修学旅行生が平和体験学習に参加しました。

2013/04/09 Tue

画像

長野中学校から修学旅行の生徒20名が、千羽鶴を解体しながら平和学習を体験しました。
会 場 広島市手をつなぐ育成会 よこがわ
時 間 09:00〜11:40
参加者 信州大学附属長野中学校 生徒20名
利用者 10名
関係者 6名

画像

はじめの会を進行するリーダー

リーダーの自主進行で始まった平和体験学習は、はじめの会で、体験学習の内容を確認。
体験講座学習を担当したのは、
平和・国際問題:重松まゆみ 環境地域問題:吉清

画像

平和学習講座を受ける修学旅行中の中学生


画像

タペストリーを使っての説明

千羽鶴の解体から工場で再生紙が出来る工程、そして千羽鶴再生紙で作られたノートやボールペンを途上国へ届ける様子を説明し、それが環境を考えたリサイクル活動であることを学ぶと、いよいよ千羽鶴を再生資源とする工程を体験した。

画像

糸を外し、再生できる鶴と、できない鶴に仕分けします


画像

海外から届いた千羽鶴はハトや鴨が?

画像

障がい者と和やかに作業をするテーブル


画像

仕分けされた再生資源になる折り鶴

画像

ぼちぼち片付けの準備に入ります


画像

終わりの会

終わりの会では、リーダーから自分たちの疑問、質問が体験講義で充分解決できたことを一つ一つ確認しながら、今日の解体作業で気が付いたことを再生紙カードに一人ひとりが記入して体験講義学習を終了しました。

画像

信州大学附属長野中学3年生の皆さんでした。


Posted by 事務局 at 00時00分2012年度〜2013年度

2019-2020 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2020-2

>>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2019/05/11 Sat

M8-ミニメモ帳を発売開始。

より持ちやすく使いやすいサイズM8「70mm×60mm」のミニメモ帳を製造・販売開始しました。職人達が沢山仕事ができるよう、プレス機械やメモ帳の抜き型を準備しました。全ての工程を「すま☆スタ」の職人達が中心になって頑張っています。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ