活動報告 - 2011年度〜2012年度

12/07

社会福祉法人はぐくみの里で、温品小学校6年生が千羽鶴解体作業に参加

2012/12/07 Fri

画像

解体作業の様子

広島市東区温品町の社会福祉方針「はぐくみの里」に、温品小学校6年生40名が千羽鶴解体作業を体験した。始まりの挨拶と進行は当作業所を利用者の代表者が選ばれた。引き続きテーブルの上に置かれた千羽鶴について意見の交換を行い、循環型環境問題、国際平和について学び全員で解体作業を開始した。終了3分前に千羽鶴再生紙のカードが配られると、今日の感想を記入してクラスの代表が終わりの挨拶をして終了した。

画像

解体作業は6つのグループで行われた

紺の制服は温品小学校6年生。グリーンの作業服は当施設の利用者。各テーブル1名が加わり解体作業のリーダーシップをとってみせた。

画像

千羽鶴で平和教育をする事務局長

画像

千羽鶴が平和公園に集まる理由は・・


画像

千羽鶴を解体するのはなぜ・・

今日、はぐくみの里で千羽鶴を解体するには、理由が有ります。一つは、どうして広島の平和公園にこれだけの千羽鶴が集まるのか 二つ目は千羽鶴を解体してどうするのか 三つ目は千羽鶴はこのままにして置くとゴミです。環境問題として考えます 四つ目は、障がい者の人と一緒に作業を行います。

Posted by 事務局 at 10時20分2011年度〜2012年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-8

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ