活動報告 - 2010年度

09/17

8月6日に広島平和公園の千羽鶴が広島青年会議所の市民芸術祭に使用する目的で解体。これはその残りの千羽鶴。それでも約20名でタップリ3時間ほどの作業だった。

2011/09/17 Sat

画像

再生可能な折り鶴を選別していきます

会 場 中野ルンビニ幼稚園体育館
参 加 平和ゼミ関係者(中高生18名+教師3名)NPO(2名)
日 時 2011.9.17(土)15:00〜18:00
内 容 千羽鶴解体作業

画像

NPO重松理事長より作業上諸注意事項の確認などを説明、早速作業に掛かる。本来福祉作業所の方々と解体作業をやる事が多いので、そのシミュレーションも兼ね参加してくけた中高生が丁寧な作業を心がけた。

画像
画像

画像

解体作業が慣れてきた頃、RCC TVから取材を受けた。解体に係わった高校生からは「なんで8年間も保存したのか」「もっと平和のために役立てる方法があると思う」「まだ1年生だから3年間は頑張ります」と、頼もしい意見が続出した。

Posted by 事務局 at 15時00分2010年度

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-8

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ