2017年07月27日(木曜日)

ファクトリーチーム「ひとは」から、神楽のバッジ講評発売中

画像

中国新聞に掲載された記事

約30の福祉作業所が参加する千羽鶴ファクトリーチームの一つ「安芸高田のひとは」から、千羽鶴再生紙を使ったカンバッジ7種類を発売したところ講評と、中国新聞に掲載された。神楽のイラスト7種類をそれぞれのイメージで色分けされた神楽ファンにとっては見逃せないアイテムのよう。是非、この神楽の里安芸高田へ出かけてみては・・

Posted by 事務局 at 11時51分 パーマリンクトピックス

2017年05月13日(土曜日)

44mmマグネットをcaseに入れて新発売

画像

ケースも、マグネットも千羽鶴再生紙を使用した新しい記念品です。

千羽鶴再生紙に原爆ドーム・平和の子の像・慰霊碑をモチーフにデザインした32mmカンバッジ・マグネット・ストラップ・ピンズバッジは販売当初から人気の的でしたが、4月から新たに原爆ドームをモチーフにした44mmマグネットをケースに入れて販売を開始しました。このケースも千羽鶴再生紙で作られており、広島発のオリジナルな記念品として人気です。
[税込350円]

Posted by 事務局 at 15時11分 パーマリンクトピックス

アンジュビオレ38mmカンバッジは、千羽鶴再生紙の応援バッジです。

画像

38mmアンジュビオレイレブンの缶バッチです。競技会場で入手できます。

アンジュビオレの応援グッズを提供している当プロジェクトは、イレブンの38mmカンバッジを制作しています。スポーツで広島を元気にしてくれるアンジュビオレのお手伝いが出来ればと、プロジェクトはサポーターとして応援しています。

Posted by 事務局 at 15時04分 パーマリンクトピックス

2017年02月04日(土曜日)

千羽鶴再生紙を使ったカップフォルダー完成

画像

写真はセブンイレブンのMサイズですが、LサイズもOKです

 千羽鶴ファクトリーチームの中には、喫茶コーナーを営む施設も多く、喫茶スペースでコーヒー等をサービスするのが目的ですが、テイクアウトできればもっとコーヒーを入れる機会が増えるので、気軽にテイクアウト出来るオシャレなカップフォルターを作ってみました。SHOPのロゴを入れることもできます。
 提案者の自分も先日セブンイレブンのテイクアウトコーヒーを買ったとき、このフォルダーを使ってみました。オフィスまで安心して持ち帰ることが出来ました。
カップフォルダーのお問い合わせは・・こちらへ

大手町1丁目の「すまいる☆スタジオ・カフェ」で、サービス開始しました。広島では美味しいと定評のあるホットコーヒー200円です。

Posted by 事務局 at 11時54分 パーマリンクトピックス

2017-2018 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2017-8

>>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2011/07/21 Thu

永久保存から開放された千羽鶴を再生するため8月...

千羽鶴未来プロジェクトでは、広島青年会議所と協力して広島の平和公園に集まり、永久保存として保管されていた千羽鶴を再び羽ばたかせようと、再生事業のワンステップとして、解体作業を行います。開催された折り鶴は青年会議所の提案で「折り鶴モザイクアート」に生まれ変わ平和公園で8月27日に公開されます。残った折...

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2017/09/21 Thu

岐阜県加納中学平和学習レポート...

2017.9.21(木)10:00〜13:00(Launch Timeを含む)今年も岐阜県加納中学から修学旅行平和学習体験クラスが千羽鶴プロジェクトの平和学習を体験しました。会場は、広島駅新幹線からほど近いプロジェクトメンバーが経営するパン工場[SOAR]の会議室。参加したのは33人の生徒...

これまでの活動報告

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ