2017年05月13日(土曜日)

44mmマグネットをcaseに入れて新発売

画像

ケースも、マグネットも千羽鶴再生紙を使用した新しい記念品です。

千羽鶴再生紙に原爆ドーム・平和の子の像・慰霊碑をモチーフにデザインした32mmカンバッジ・マグネット・ストラップ・ピンズバッジは販売当初から人気の的でしたが、4月から新たに原爆ドームをモチーフにした44mmマグネットをケースに入れて販売を開始しました。このケースも千羽鶴再生紙で作られており、広島発のオリジナルな記念品として人気です。
[税込350円]

Posted by 事務局 at 15時11分トピックス

2018-2019 年度

千羽鶴未来プロジェクト活動カレンダー

<<

2018-8

>>

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

お知らせ

千羽鶴未来プロジェクトのお知らせ

2018/05/25 Fri

今年2回目の入館記念平和のハガキを納品しました

今年も、平和記念館入場者に渡す記念ハガキの納品が始まりました。今月は4月に続いて15万枚のはがき(原爆ドーム・慰霊碑・平和の子の像のイラスト)を運び込みました。

これまでのお知らせ

活動方針

千羽鶴未来プロジェクトの基本方針

再生ノートと折り鶴「千羽鶴未来プロジェクト」は、千羽鶴の再生を通して世界の子どもたちと共に平和について学びます。

日本語[Japanese] 英語[English]

千羽鶴未来プロジェクトからのお願い

PDFファイル(505KB)

プリントアウトしてご利用ください。

PDFをダウンロード

活動報告

千羽鶴未来プロジェクトの主な活動

2018/07/18 Wed

御朱印帳プロジェクトがスタートしました。

障がいの有る職人達の仕事として、御朱印帳作りはプロジェクトの重要課題の一つでした。本文の組立方や、再生和紙の厚さ、使用する糊、特に問題だった表紙。全てが整った御朱印帳プロジェクトは半年先の安定出荷を目標にスタートしました。

これまでの活動報告

トピックス

再生活動以外の主な活動

2018/07/18 Wed

6月分15万枚の納品が完了しました。

4月から始まった、原爆資料館入館記念平和のはがきは6月分15万枚を納品しました。はがきは(ドーム、慰霊碑、平和の子の像)の3種類。運んでいる写真は、そのうちの1種類5万枚分です。

これまでのトピックス

アーカイブ

月ごとの記事一覧

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

総合一覧

千羽鶴未来プロジェクトは、千羽鶴再生ノートの販売と、会員による年会費で運営されています。

ページの先頭へ